坐骨神経痛の改善前後

坐骨神経痛の場合、梨状筋という筋肉が固くなってしまっていることが多いのです。

梨状筋の固さをチェックするには、「うつ伏せで寝転び、膝から下を天井に向けて曲げて外に広げていく」という方法を用います。

梨状筋が固くなっているとこの開く角度が狭くなります。放っておくと、痛みや痺れは太ももから膝をまたいでふくらはぎや足首・足の指まで痛みや痺れを感じるようになります。

次回は、坐骨神経痛の症状が進んでしまった方の改善を投稿します。

最近のブログ

  • 関連記事一覧
PAGE TOP