・・・読み込み中です お待ちください・・・

食欲を左右するものは?

桜の蕾が一気に先出すあたたかさですね。

あたたかくなると、まったりしますね。まったりしている状態は副交感神経が優位になってるので食欲が増大します。

外気だけでなく、内蔵自体の温度が高いと機能が活発になります。

胃が活発に動きすぎると、
・常に空腹感がある
・胃酸過多で胸焼けがする
こともあります。

では、胃の活動を抑えるには・・・そう!温度管理をするといいのです。

内臓の温度管理なんてできるのか?できるのです。

また、
・内臓の位置(胃下垂)の矯正
・胃と対応する経穴(ツボ)や脊柱(背骨)の刺激
へのアプローチで胃の状態をコントロールすることができます。

じゃあ、どうやって?

それは内臓セラピーのセッションでぜひ体験してみてください。ご興味がおありの方は緑のボタンを押してあさみ整体院公式LINEに友だち追加後、メッセージをお送りください。

関連記事一覧